不動産価格を値切る

Categories: 不動産購入
Written By: admin

不動産の価格は売主が売りたいという希望の価格です。

近隣相場から見ると、そこそこの価格である場合もあれば、明らかに高い場合もあります。

気に入った物件が見つかって、もうすこし価格が安かったらいいのに、というケースはけっこうありますよね。

その場合、不動産業者の担当者に『まけてくれ!』と言っても無駄なのです。不動産業者が売り主の場合もありますが、多くの場合は不動産業者は仲介の立場なのです。つまり、購入希望者と売却希望者とをつないている立場です。

では、どのように値切ればいいのでしょう。

不動産業界では、『購入申し込み書』という書式を使います。

購入の意思が固まったら、自分の希望価格を記入して、押印した購入申込書を作成し、不動産業者に売主との交渉をしてもらいます。

ただし、交渉の仕方が悪かったり。価格差が大きすぎたりすると、売主の感情を損ねて、その後の交渉を拒否される場合もありますので、不動産会社の担当者とよく相談しましょう。

仙台の不動産購入は、仙台市不動産情報で

Comments are closed.

Featured & Popular Articles