購入する不動産の価格の目安

Categories: 不動産物件選び
Written By: admin

住宅の購入を検討する場合、はたして年収から考慮して、どの程度の不動産の価格が適切なのでしょう。

自己資金が豊富な場合は別として、購入資金のほとんどを住宅ローンでの借入をお考えの場合についての目安についてお話しましょう。

例として、35年固定金利の【フラット35】(多くの金融機関で取り扱っています)の例でお話します。

借入の目安としては、年間返済の合計金額と年収の比率で判断します。

・ 年収が400万円未満の場合は年間返済合計金額が年収の30%以下
・ 年収が400万円以上の場合は年間返済合計金額が年収の35%以下

となっています。

また、夫婦とも収入がある場合は、夫婦の収入を合算して住宅ローンを申し込むこともできます。

具体的な例:
自己資金を500万円持っていて、年収が500万円の人の場合
金利3%、35年間固定

住宅ローンの適用を受けて購入できる金額の最高は、約3800万円
自己資金500万円を足して、4300万円が一般的に購入できる上限となります。

*その他に購入に係る諸費用が発生する場合があります。
この金額は、金融機関によっても異なります。また、申込の時点で、その他の借入や返済中のローンがあると、内容が若干変わってくる場合があります。

仙台市不動産情報

Comments are closed.

Featured & Popular Articles